鼻をかんでいる女性
  • ホーム
  • 花粉症状を和らげる食事って何?

花粉症状を和らげる食事って何?

春になると人々は野外へと繰り出して、自然を満喫したくなります。
木々は芽吹き、桜の花が咲き、花見へ山菜取りへと出かけたくなるのです。
ところが、春になると、家の外へ出るのを考えると気が重くなってしまう人たちもいます。

花粉症の人たちです。
家の外へ出ると、目が痒くなり、鼻水はとまらなくなってしまい、本当に鬱陶しい季節が到来したと思ってしまうのです。
花粉症の予防策としては、さまざまなものが紹介されていますが、まだ決定打といったものは考えられていないようです。
研究はいろいろされているようですが、だれにも認められて、評判を得るようなものはないのです。
そこで、花粉症の症状を少しでも和らげようということで、いろいろな商品が開発されて販売されています。

少し前に評判になったのが、ダチョウの卵の殻の成分を入れたマスクです。
これが花粉症の症状を和らげてくれるということで、ヒット商品になりました。
花粉症の症状を和らげようという試みは、食事の方向からもアプローチがなされています。

これは、主にスギ花粉の体への侵入を防ぐことを狙ったものです。
花粉症をどのような食べ物が抑えることのできるか、さまざまなものが紹介されています。
代表的なものには、ポリフェノールを多く含むものが挙げられています。
その中でも、ポリフェノールの一種であるカテキンを含むレンコンが有名です。
データによると、レンコンを食べつづけて、花粉症のもとになっている抗体の血中濃度が下がったとの報告があります。

次に評判なのがワサビです。
ワサビの成分は花粉症の抗体の成分を変える働きがあるとのことです。
ほかに、乳酸菌を多く含むヨーグルト、DHAを含む青魚というのも症状を和らげるのに効果のある食材とされています。
花粉症の症状の出方は、人それぞれに違っています。
そのため、症状を和らげる効果のある食材もさまざまあるということなのかもしれません。

さらにはバナナやメロンといったものなどもあるため、いろいろな食材を試してみて、自分に合ったものを見つけるようにするといいでしょう。
青魚やバナナ、メロンは栄養面においても申し分のない食材です。
積極的に摂り入れていきましょう。

花粉症を悪化させてしまう食材について

花粉症の症状の出方が人それぞれであり、その症状を和らげる食材がさまざまにあるように、花粉症の症状を悪化してしまう食材もいろんなものが指摘されています。
その食材を知っておくだけでも、知らずに料理に使ってしまったり、外食先で食べてしまうのを防ぐことができます。
花粉症の症状を悪化させてしまう食材の筆頭はトマトです。
健康を増進してくれる食材として注目されることの多いトマトですが、その成分であるヒスタミンが花粉症には大敵になると言われています。
ただし、加熱して食べれば問題なしとのことなので、トマトシチューなどにして食べればいいわけです。

ヒスタミンを多く含む食材では、ほかに、ナスやホウレンソウなども指摘されています。
そのほか、注意したほうがいい食材としては、牛乳やチーズなどの乳製品が挙げられています。
これらは花粉症の引鉄になってしまうとされているのです。
さらに体の免疫機能を下げてしまうような食べ物にも注意が必要です。

ファーストフードと言われる食べ物には、これがたくさん含まれています。
この時期だけファーストフードを食べるのは避けるようにしたほうがいいかもしれません。
さらには、花粉症として現れるさまざまな症状についても、症状の悪化につながる食材があります。
たとえば、鼻詰まりや鼻水など、鼻に現れる症状です。
これについては、お酒のアセトアルデヒドが悪化させるということなので、花粉症の症状として鼻水や鼻詰まりが出る人は、飲みすぎに注意したほうがいいでしょう。

ただし、赤ワインはポリフェノールを多く含んでいることから、むしろ積極的に摂取してもいいとされています。
逆に、ハムやソーセージなど肉の加工食品に含まれる亜硝酸塩という刺激物質は、過敏性を高める働きがあるとされているので、花粉症の出現を助けてしまいます。
ほかにも砂糖についてもて摂りすぎ要注意です。
砂糖はさまざまな食品に入っているので慎重に摂取するようにしましょう。