鼻をかんでいる女性
  • ホーム
  • ヨーグルトは花粉症対策に良い

ヨーグルトは花粉症対策に良い

「花粉症対策にヨーグルトが良い」と言われていますが、実際にはヨーグルトに含まれている成分が花粉症に効果を発揮しているという訳ではありません。
ではなぜヨーグルトが花粉症の症状を緩和するのかというと、その鍵を握るのは乳酸菌です。

乳酸菌そのものが花粉症の原因に直接作用する訳ではありませんが、乳酸菌を体内に摂取することによって、腸内細菌のバランスが改善されて免疫力が高まります。
そのため、花粉症のアレルギー症状を緩和させる効果が期待できます。

そもそも、花粉症などのアレルギー症状を起こす理由として、腸内環境のバランスが乱れているというケースが少なくありません。
腸内環境は人間の免疫力と密接な関係がありますので、免疫力が低下してしまうと体のバランスが崩れ、感染症などにかかりやすくなったり、アレルギー症状も出やすくなります。

ヨーグルトで乳酸菌を摂取することによって、悪玉菌が減って腸内環境が整い、腸の粘膜を強化することができれば免疫力が上がり、そうした症状も緩和できるというメカニズムになっています。
さらに、善玉菌のビフィズス菌および乳酸菌は、腸内環境のバランスを整えてくれるだけではありません。
免疫細胞の「Th1」と「Th2」に対してバランスを整える効果があります。

「Th1」と「Th2」は白血球の中にある免疫細胞で、両者のバランスが崩れてしまうとIgE抗体が多量に作られてアレルギー反応が起きます。
体の中に入った「異物」が、細菌あるいはウイルスだった場合は、「Th1」が担当します。
花粉またはダニなどアレルゲンが入ってきた場合は、「Th2」が担当します。
通常、それぞれの免疫細胞はお互いにバランスを保っており、どちらかが増えればもう一方が減るという関係です。

しかし、花粉症の方の場合は、このバランスが「Th2」側に偏ってしまった状態です。
「Th2」が増えることでアレルゲンへの反応が敏感になり、花粉に対して過剰なアレルギー反応を引き起こしてしまいます。

ヨーグルトのビフィズス菌および乳酸菌には、この二つの細胞のバランスを整える作用があります。
また、ヨーグルトには「メチル化カテキン」と呼ばれる物質が含まれていますが、この物質もアレルギー症状抑制につながるとされていますので、花粉症対策に有効と言えるでしょう。

ヨーグルトで花粉症対策するなら食べ方に注意

「乳酸菌が花粉症に良い」とはいえ、花粉症の症状が出始めててからヨーグルトを食べ始めても効果はあまり期待できません。
効果を実感できるようになる期間は人によって様々で、2~4週間前から食べ始めて効果を感じる人もいれば、半年かかる人もいます。

そのため、最低でも花粉が多く飛散し始める1ヶ月くらい前から毎日継続して食べるようにしましょう。
もちろん、1週間前後で楽になる人もいますが、体質改善を行うことになりますので、半年から1年、あるいは数年ほどかけて効果が現れる場合もあります。

ヨーグルトを食べてから腸内環境が整うまでかかる時間は、人によって違いはありますが、早い人で2週間ほどだと言われています。
花粉症が出てしまうと、免疫システムが既にに花粉を異物として認識してしまっていますので、その時点からヨーグルトを食べても効果がそれほど見込めません。
ですから、できるなら1ヶ月前からと考えておき、少なくとも2~4週間前には食べておくと良いでしょう。

また、花粉症対策としてヨーグルトを食べる場合、100グラムから200グラムのヨーグルトを毎日続けて食べるようにします。
食べ方は個人の自由ですが、白砂糖をかけて食べるのは避けましょう。
白砂糖には、免疫が低下するのを防ぐビタミンBなどを減少させてしまいます。

使う場合は、ハチミツまたは黒砂糖などがおすすめです。
ハチミツをヨーグルトにプラスして食べると、ハチミツに含まれているオリゴ糖が乳酸菌の餌となり、効果的と言われています。

花粉症対策としてのヨーグルトの食べ方については、食べるタイミングは食後が良いでしょう。
それ以外のタイミングで食べてしまうと、せっかく摂取した乳酸菌が胃酸によって溶かされてしまいます。
食後には胃酸が薄まりますので、ヨーグルトはデザートにしましょう。