鼻をかんでいる女性
  • ホーム
  • アレグラやザイザルはネットで購入可能

アレグラやザイザルはネットで購入可能

花粉

アレグラやザイザルは数多くの通販サイトで個人輸入ができるようになりました。
ザイザルやアレグラを通販で買うことは容易であるということです。
探す際には、検索サイトなどで「アレグラ 個人輸入」というキーワードを入力することで簡単にサイトを見つけることができるようになっています。

アレグラに関しては日本の処方及び市販薬は60mgのものが最大錠となっていますが、個人輸入の場合は120mgや180mgといった量の多いものも販売しています。
もし、普段60mgを使用している場合は、少し量が多くなりますので、利用する際には飲む分量などを調整するのが良いと思われます。
120mgを購入したが60mgだけあればいい、という場合には半分に割って服用すると同じ効果となりますので、飲み方を工夫してみましょう。

また、個人輸入を行っているサイトは薬を扱う専門のサイトが多いため、アレグラ以外にも数多くの薬を取り扱っています。
商品の名前、主成分などサイトの中からでも検索が出来るようになっていますので、自分の探している薬の名前や成分の名前などが分かれば検索してみると目的のものが見つかると思います。
服用する薬以外にも美容液やダイエット用など美容や健康に特化したものを取り扱っている場合もありますので、興味のある方は調べてみてもいいかもしれません。

また、サイトもいくつかありますので、多少ではありますがサイトごとに値段の差もあります。
そのため、いくつか回ってみて値段を比較して決めるのもいいかと思います。
購入する際には取り扱いや薬の注意点などが必ずサイトに書き込まれていますので、注意事項には必ず目を通すようにしましょう。
また、個人輸入について気になる場合はネットで個人輸入の法律についての情報もありますので、併せて一読されることをオススメします。

アレグラのジェネリックはネット通販で安く買える

第二世代抗ヒスタミン薬を安い値段で手に入れたい場合は、ジェネリック品と位置づけられている製品をさがして注文するのも良い方法です。
ジェネリック品は先発医薬品の特許の有効期間が終わった後に発売される製品で、有効成分が先発の医療用医薬品と同量となっており、薬効も有効成分に関わる部分については先発品と一緒です。
アレグラやザイザルといった製品に対するこだわりがなく、先発品からジェネリックに変更することによる薬効の変化に不安が無いのであれば、ジェネリックに切り替えると良いでしょう。

アレグラの後発品として発売されている医薬品はたくさんあり、ネット通販サイトでもたくさんの種類が取り扱われています。
例えば、フェクサディンと呼ばれるトルコの製薬会社が開発した製品は、ネット通販サイトでは先発品のアレグラより4割前後安い値段で販売されています。
アレグラの後発品は日本でも20以上の製薬メーカーによって発売されていますが、すべて医療用医薬品となっており、病院で処方せんを作成してもらわないと入手できません。
よって、フェクサディンをはじめとするアレグラのジェネリック品においても、ネット通販サイトから購入する方が診察料や交通費を出さずに済む分、コスト面では有利です。

なお、医薬品のネット通販サイトは一度に同じ製品を大量に注文できるのが魅力ですが、日本では法律の規定で必要な許可を得ていない個人が製造国から日本国内に輸入できる医薬品の数量を厳しく制限しています。
アレグラとそのジェネリック品の場合は日本では処方せん医薬品に相当するため、一度に輸入される数量は1ヶ月分相当、製品の数量では1箱分までとなります。
したがって、大量に注文した場合は分納発送になる可能性があるので、注文後はネット通販サイトから届くメールは必ずチェックするようにしましょう。